チャットで問い合わせる

商品・サービス

閉じる

金利タイプの選び方

住宅ローンの金利タイプは、「変動金利型」「固定金利選択型」「全期間固定金利型」があり、
どれを選べばいいか迷うところです。それぞれのしくみやメリット、デメリットを理解して、
自分に合うと思う金利タイプをお選びください。

金利タイプ

変動金利型 固定金利選択型 全期間固定金利型
イメージ図
特徴 市場金利に連動した金利が適用され、お借入れ後は年2回の見直しがあります。お借入れ後にほかの金利タイプに変更することも可能です。
  • 指定した期間、金利と毎月の返済額が一定となる返済方式です。
  • 期間は3年、5年、10年、のいずれかからお選びいただけます。
借入れ当初の金利が返済期間中全期間を通じて変わらないタイプです。
ご返済額
  • 金利に変更があった場合でも、ご返済額は約5年間変更されません。(ご返済額の中での元金部分と利息部分の内訳で調整します。)
  • 約5年ごとの金利見直しに合わせてご返済額の見直しをいたします。ただし、金利が大幅に上昇した場合でも、見直し後のご返済額は、見直し前の1.25倍までとなっています。
固定特約期間終了後に見直しします。ただし、適用金利の変更によるご返済額の増減に限度はございません。 完済まで一定で変更はありません。
メリット
  • 金利の動きを見ながら金利タイプを変更することが可能です。
  • 固定金利期間中は返済額を確定することができます。
  • 金利情勢を見ながら固定期間終了後の金利を見直すことができます。
  • 借入れ後に市場金利が上昇しても将来にわたり借入れ時の金利が適用されます。
  • 借入れ時に返済期間全体の返済計画を確定させることができます。
デメリット
  • 金利が上昇すると返済額は増えます。
  • 金利が変動するので返済計画が立てにくくなります。
  • 金利が固定されるため、金利が下落した場合でも固定期間終了まで返済額は変わりません。
  • 固定期間終了後の返済額が確定できません。
借入れ後に市場金利が低下しても返済額が変わりません。

ライフプランに合った
金利タイプを選びましょう

上記のとおり、金利タイプにはそれぞれの特徴があります。
返済計画などを考慮して、ご自身のライフプランに合った金利タイプをお選びいただくことが大切です。

【金利タイプ選択の一例】

しばらくは低金利が続きそうなので、
今後の金利水準を見極めたい。
変動金利型
子供の進学などで支出が多くなるので、
当面の間は返済額を抑えたい。
固定金利選択型
金利の上昇が予想されるので、
住宅ローンの返済額を確定させたい。
全期間固定金利型

ローンに関する
お問い合わせ・ご相談はこちら

商品についてのお問い合わせ

0120-226616

東海ろうきん お客さまセンター
9:00~18:00(土・日・祝日は休業)

お店で相談する