投資信託

多くの投資家(お客さま)から資金を集めて大口の資金にまとめ、複数の株式や債券などに投資し、その成果を投資金額に応じてお客さまに分配する仕組みの金融商品です。お客さま個々に購入するのと比べると、

株式投資信託の種類

といったメリットがあります。

株式投資信託の種類

株式投資信託の種類

株式投資信託と公社債投資信託

株式投資信託 約款上、株式を組入れることが可能なファンド。一般的に中長期で株式の成長性を期待する積極運用により、収益性を重視した運用を行います。運用対象に株式を含むため、信託財産の変動に対するリスクは大きくなりますが、公社債を一部組入れたり、分散投資を図ることにより、リスクを軽減するファンドもあります。
公社債投資信託 約款上、株式を一切組入れることができないファンド。公社債や短期金融商品を中心に運用し、安定した収益が期待できます。ただし、元本が保証されているものではありません。

追加型投資信託と単位型投資信託

追加型(オープン型) 設定した信託財産への追加設定が可能。
単位型(ユニット型) 設定した信託財産への追加設定が不可能。

東海ろうきんでは、扱いやすく利便性も高いオープン型を取り扱っております。

投資信託のしくみ

投資信託のしくみ株式投資信託の種類
  • ●お客さまから集められた資金は、それぞれの専門家が役割を分担し、健全かつ適正な運営を行います。
  • ●お客さまがろうきんで投資信託を購入して集められた資金は、信託銀行を経由して証券市場に投資されます。
  • ●投資成果は分配金・償還金により、保有口数に応じてお客さまへ平等に還元されます。

取扱商品

〈東海ろうきん〉でご用意させて頂いている商品の一覧はこちらです。

購入方法

投資信託の売買は、東海ろうきん各営業店にてお取扱ができます。

購入方法購入方法購入方法

お客さまへの確認事項

1 年齢 9 老後の生活の希望
2 年間所得 10 資金の目的
3 世帯年収(お客さまご本人の所得を含む)の安定度 11 リスク商品(株式・外貨等)投資経験
4 顧客と扶養家族人数(お客さまご本人と扶養家族の合計人数) 12 投資経験年数
5 居住状態 13 運用期間、資金の目的
6 住宅ローン残高 14 選択したいタイプの商品
7 保有金融資産の種類と金額 15 購入した商品が下落した場合の対応
8 住宅ローン以外のローン残高 16 資産運用に関する判断

お客さまにご用意いただく書類

1 本人確認書類
2 個人番号(マイナンバー)を確認できる書類
3 届出印
4 通帳(ご利用口座)

投資信託ご購入の際の注意点

  • ●預金とは違い、預金保険制度の保護の対象ではありません。
  • ●投資者保護基金の対象ではありません。
  • ●投資を行う有価証券の金利リスク・価格変動リスク・為替リスクにより投資元本を下回る場合があります。
  • ●組み入れを行う有価証券の発行者の信用リスクがあります。
  • ●投資した資産の減少を含むリスクについては、投資信託を購入されたお客さまが負うことになります。
  • ●投資信託は、手数料・信託報酬がかかります。

お問い合わせ

≪東海ろうきん お客さまセンター≫

フリーダイヤル: 0120-226616(受付時間 平日 9:00~18:00)

FAX:052-243-8873

登録金融機関 東海財務局長(登金)第70号 東海労働金庫

PAGETOP